-

FX(外国為替証拠金取引)に関しての面白さは、単品の投資の商品であるはずが、お金を掛ける期間を「短期」「中期」「長期」の中でどれをチョイスするかということにより資金を費やす方法が大きく変わってくるという部分にあると言います。仕事 辞めたい アフィリエイト

まずは外国貨幣への投入の「長い期間の投資」を考えよう。

長期のスタンスというのは一年以上の投資期間を想定しているのが通常です。

普通は為替の相場で、一年も後々の為替相場が円高なのか、ないし円安かを予測することは、一般的に難問に違いありません。

通常であれば、「後のことはわからない」と考えるのが当然のことでしょう。

予測もできないことを懸命に予言しようと思ったところで、無駄なものなのです。

そういったことから外貨を買ったら、価格よりも円高になってしまってもその損失分は少し経てば返ってくるはずだという程度の感覚で売買に挑むことが必要です。

為替の利益を積極的に上げることよりもそれ以外の利益言い換えればスワップポイント(異なる通貨間の金利格差)を上げるのをまず最初のゴールということにして始めてみましょう。

もちろん、短期間で為替変動の為の損が非常に大きく膨らんでしまうことがあります。

したがってこんな損失に大丈夫なよう、レバレッジを最小限でトレードするのが必要です。

FXは差損が一定範囲よりも大きく拡大すると、追加保証金を求められたり、あるいはストップロスを置くことになります。

ストップロス(ロスカット)をしたらすぐ売買を打ち切りすることになり長期の取引はできなくなります。

この手の危険を回避するには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍ほどで売買するのが良いでしょう。

2番目に中期のスタンスを狙った売買です。

中期の投資の場合は最長でも2ヶ月位後々を予測しての売り買いであります。

為替トレードにおいては、1ヶ月ほど先のことはだいたいの場合、先読みできると考えられます。

G7などのような国際閣議の議題やマーケットに参加している人たちがどのような点に注視しているかを確認してみればいくぶん、予想がつくのです。

上記のように経済情勢を見ながらなお、チャートを参照することによって、為替レートの状況をわかるようになり買いポジションか売りポジションかを見極めるべきです。

基本的にファンダメンタルズとジャッジのどっちも光り、もしくは買い傾向が一致している時は、そのまま動いていくと思って間違いありません。

そこで保有高を増やすとより一層大きな儲けを期待できるのはほぼ確実です。

最後は短期スタンスの重要点。

ここでいう短期トレードが指しているのは、すなわちデイトレのことを意味しています。

為替相場でデイトレードを行う場合経済の状態は絶対に影響しないと断言できます。

というのも翌日の為替の相場の変動にファンダメンタルズは無関係だからです。

ここでの、最大の重要ポイントは大規模な事柄があると、それにより為替のレートが著しく動く時を待ってやり取りすることです。

例としてアメリカで雇用情勢が発表される、ないしは金融政策決定会合などにより金利が変動するくらいのイベント。

このような大事な機会に変わり様を見過ごさないといった意味合いから、短期のトレードでは高度な情報が必要となる。

Category

リンク